饅頭

価格が1000円以上の饅頭

価格が1000円以上の饅頭記事一覧

上用饅頭の老舗・人気販売店

「上用饅頭」と書かれることもある「薯蕷饅頭」。「薯蕷」とは大和芋や山芋、つくね芋などを指す言葉で、これら薯蕷芋を米粉や小麦粉のつなぎとして混ぜて蒸し、饅頭の皮として使っている和菓子を「薯蕷饅頭」と呼ぶわけです。つまり薯蕷入りの皮を使った饅頭であれば全て薯蕷饅頭と呼ぶわけですが、特にお祝い用の和菓子と...

≫続きを読む

 

麩饅頭の老舗・人気販売店

茶懐石や精進料理に欠かせない食材となっている麩は、もともと中国から伝えられ京都の水と食文化が育んだものです。そんな生麩を饅頭の皮として使用した「麩饅頭」は、愛知県や石川県、大阪などでも作られていますが、やっぱり京都が本場。特に京都市上京区にある「麩嘉」が有名です。有名人・著名人も絶賛しテレビでも何度...

≫続きを読む

 

酒饅頭の老舗・人気販売店

「酒饅頭」とは日本最古の歴史を持つとも言われる饅頭で、小麦の皮を麹の発酵力を利用して柔らかく膨らませた生地を皮として使用します。麹を発酵させて作るという点では日本酒を造る過程と同じであり、実際仕上がった饅頭もほのかに酒の香りがすることから「酒饅頭」と呼ばれるようになりました。歴史が古く日本の各地で作...

≫続きを読む

 

十万石饅頭の老舗・人気販売店

「十万石饅頭」は、埼玉県行田市に本社を置く和菓子店「十万石ふくさや」が生み出した埼玉県銘菓。ただ「埼玉県名物」とはいうものの伝統的な和菓子ではなく、戦後の砂糖流通解禁に伴って「福茶屋」という名称で和菓子店として創業すると同時に開発された、比較的歴史の新しい和菓子です。ローカルCMによって埼玉県民なら...

≫続きを読む

 

チーズ饅頭の老舗・人気販売店

チーズ饅頭の元祖と言えば、老舗の和菓子屋「風月堂」。創業は1962年、その後1973年の天皇陛下献上菓子「霧島サブレ」の開発を経て1986年に「洋菓子の食材を和菓子として地域の人たちに食べてもらえないか」との思いから開発されたのが、「チーズ饅頭」です。この洋菓子でも和菓子でもない一風変わったお菓子が...

≫続きを読む

 

かるかん饅頭の老舗・人気販売店

鹿児島県をはじめ、九州地方全域で銘菓として販売される「かるかん」。かるかんそれ自体は本来ういろうのような棒状の「棹菓子」で、かるかん粉に山芋と砂糖を原料として蒸し、半スポンジ様に仕上げたの軽くてシンプルな和菓子ですが、近年ではこのかるかんで餡を包んだ「かるかん饅頭」が一般的な「かるかん」と認識される...

≫続きを読む

 

焼き饅頭の老舗・人気販売店

群馬県のB級グルメ「焼き饅頭」。焼き饅頭とは、米と小麦粉を練り合わせたものを麹で発酵させて作った生地を饅頭にして竹串に指し、黒砂糖や水あめで甘くした味噌ダレを何度も表面に塗りながら焼いて焦げ目をつけたもので、群馬県では和菓子というより軽食として一般的に食べられています。そもそもお酒を一般家庭で作って...

≫続きを読む