上用饅頭 販売店

上用饅頭の老舗・人気販売店

上用饅頭の老舗・人気販売店

「上用饅頭」と書かれることもある「薯蕷饅頭」。

 

「薯蕷」とは大和芋や山芋、つくね芋などを指す言葉で、これら薯蕷芋を米粉や小麦粉のつなぎとして混ぜて蒸し、饅頭の皮として使っている和菓子を「薯蕷饅頭」と呼ぶわけです。
つまり薯蕷入りの皮を使った饅頭であれば全て薯蕷饅頭と呼ぶわけですが、特にお祝い用の和菓子として紅白饅頭の皮に使用されることが多く、中でも人気の高いのが、京都の老舗「鶴屋吉信」の薯蕷饅頭です。

 

鶴屋吉信は1803年に初代鶴屋伊兵衛氏が現在の京都府上京区で和菓子店を創業したのが始まりで、1920年には「柚餅」や「京観世」「福ハ内」など今でも銘菓として販売されている和菓子の多くを開発しました。
1960年には日本橋に東京支店も開設しています。

薯蕷饅頭(上用饅頭)
鶴屋吉信さんの薯蕷饅頭は、中のあんが黒あん・白あんの二重になっているのが特徴の贅沢な逸品。

蒸すと膨らむ性質のある薯蕷の中でも特に柔らかくふっくらと膨らむ山芋を用いた皮で優しく包み込んでいます。

 

京都の老舗の伝統を感じられる上品な甘さで、他の薯蕷饅頭とは一線を画していますから、「私は饅頭にはうるさいよ」と自負している人は是非試してみてください。

 

鶴屋吉信さんの薯蕷饅頭は、白とピンクの紅白饅頭の他に、五色の異なった色で男女の相生の絆を強くするという「五色の幸」や織部の意匠「織部満雲寿」、栗をすっぽり包んだ「栗まろ」なども販売されていて、それぞれに人気があります。

 

紅白饅頭は紅白の2個入りで1080円から、五色の幸は小サイズ5個入りで2376円から、織部満雲寿は5個入り3564円、栗まろは5個入り2592円で購入することができます。
ただし栗まろは9月上旬〜12月上旬までの期間限定なのでお忘れなく。

食感 カロリー 価格
柔らかでふっくら 2個1080円〜
店名 鶴屋吉信本店
住所 京都府京都市上京区今出川通堀川西入
URL http://www.turuya.co.jp/oiwai/joyou.html

 

⇒肥満・高血糖を予防!気になるカロリー・糖分を抑える飲み物

関連ページ

麩饅頭の老舗・人気販売店
麩饅頭の老舗・人気販売店について掲載しています。
酒饅頭の老舗・人気販売店
酒饅頭の老舗・人気販売店について掲載しています。
十万石饅頭の老舗・人気販売店
十万石饅頭の老舗・人気販売店について掲載しています。
チーズ饅頭の老舗・人気販売店
チーズ饅頭の老舗・人気販売店について掲載しています。
かるかん饅頭の老舗・人気販売店
かるかん饅頭の老舗・人気販売店について掲載しています。
焼き饅頭の老舗・人気販売店
焼き饅頭の老舗・人気販売店について掲載しています。